偏差値を利用する意義

偏差値はどの世代の受験にとっても指針となる数値とされています。偏差値が受験などの重要な試験や志望校選定に利用されるのは、点数、順位などに左右されることなく、自分の実力を知ることができるという点にあります。

偏差値の数値は50という平均の数字から上ならいい成績、下なら悪い成績と単純に判断できますが、偏差値の数値は最上位から何%のところにいるのか、ということを把握できるので、数字という目に見える形で自分が今いる位置を把握できるというよさがあるのです。

受験生の成績というのは客観的にとらえることが難しく、偏差値であってもそれが合格できる数値となるのか正確な判断となりません。でも、この数値があることで、今受験生の中で自分がどのくらいの学力の位置にいるのかを知ることができると、もっと頑張って上に行くことを考えなければとか、この状態を維持していこうとか、勉強の目的にもつながっていきます。

小学生が受験する中学受験では保護者が深くかかわることも多いのですが、保護者にとっても、偏差値は志望校の選定、お子さんの現在のレベル、そこからどのようにしていけばいいのかなど、偏差値から広げて考えることができる情報が多数あるのです。