偏差値をどうとらえる?

中学受験の志望校を決めるとき、保護者の意向が非常に強く、お子さんの学力レベルだと決して届くはずのない学校を無理して受けようとする保護者も多いです。中学受験は模試と入試問題に差があるといわれており、特に超難関校となる御三家の入試では、模試と入試問題の格差がかなりあるため、偏差値が当てにならないといわれています。これを真っ向から信頼し、うちの子、この学校の偏差値に届いていないけど、受けてみないと結果なんてわからないですよね?と無理に受験し、結果、不合格、お子さんの心をひどく傷つけるということもあります。

勿論受けてみなければわかりませんし、入試問題を模試の差が偏差値に影響していることは多くの指導者が理解していることですが、偏差値というのは、該当する試験において、その試験を受験したお子さん全体の中で、お子さんの力がどの位置にあるのかということを把握する指標です。偏差値だけが志望校選定の指針となる事もありませんし、ほかの要素も吟味して選ぶことが必要です。

ただもともと偏差値が届いていないお子さんが、難関校に合格し、実際に通うことを考えてみてください。無理なレベルの学校に入りついていくのが精一杯、いえ、ついていくことすらできないかも知れません。偏差値が全てではないけれど、この数値を指標として、志望校を設定していくことが重要だということは忘れないことです。