予習してみると授業が変わる

勉強が嫌いなお子さんも、保護者の意向で中学受験を目指すことがあるでしょう。小学生ですから、保護者の言うことにまだ従順です。保護者が中学受験を考慮する理由には、中学生になると親の言うことなんて聞かなくなるから、ぎりぎり聞いてくれそうな中学受験で勝負したい!などという意見をよく聞きます。

小学校低学年からずっと、中学受験に沿った勉強をしてきたということならまだしも、小学校4年生、5年生という年代になって中学受験のための勉強をしなさいといわれても勉強する気になる子は少ないと思いますし、特に勉強嫌いなお子さんは塾に行くのも面倒と思ってしまいます。

塾に仕方なく通っていて宿題は何とかやっているという状態なら、復習はある程度、いやいやながらでもできていると考えられるので、問題は予習です。塾の授業が面白くないと感じるお子さんに多いのが、予習をしないお子さんです。予習をしっかり行っておくと、予習してきたことを授業で細かく指導されるため、「理解しやすく」「頭の中に入りやすくなる」のです。

わかる、理解できたと思うことが子供の勉強意欲をあげる秘訣です。予習がくせになり、しっかりできるようになっていけば、偏差値レベルアップも夢じゃありません。