難問は解けると自信になる

誰しも難しい問題を解くのは嫌です。でも偏差値が高いお子さんを見ていると、難問ほどチャレンジする意欲があり、時間をかけて解いたときの達成感は何物にも代えがたいといいます。基礎学力がしっかり身についているため、問題をどう解いていけばいいか解き方の道しるべを自分でたどっていくことができる、中学受験を目指すお子さんはこのようでなくちゃいけないと感じます。

でもこれが難しいのです。難問を解くということは、自分の知識を総動員するだけじゃなく、思考力や判断力をフル活用してインプット、プットアウトを繰り返しながら解いていくことが必要となるのです。

学力レベルが一定以上にない、偏差値が低い状態のお子さんに、いきなり難しいい中学受験の応用問題を解けといってもこれは無理なお話で、標準問題から慣れていくことが必要となりますが、ある程度標準問題が解ける様になったら、まず、難問に1問、チャレンジしてみてください。自分の力で時間がかかってもいいので、必死に考え解き方を導き出します。解けないようなら塾のテキストなどを引っ張り出して、調べながらでいいので解いてみます。

他の人の力を借りることなくテキストなどを見ながらでも解くことができたら、これは大きな自信になりますし、こう解けばいいのかとわかったら、その同じ問題を繰り返し解いてみて、最終的にテキストなしで解ける様にしていくと偏差値も上がってくるでしょう。