基礎学力の次は標準レベルへ

中学受験実施校の偏差値を見てみると御三家などは70近くの数値と、まったく考えられないレベルです。わが子と比較してこんな数値を出す子が実際にいるのねえとため息をつく保護者もいると思いますが、偏差値50から御三家合格レベルまで数値をあげて合格を果たしたというお子さんだっています。

高い志を持って学習する意欲を高めるということは、受験するものにとって必須です。まずは目標の数値を近い数値に設定し、そこをクリアしていくことから考えていきましょう。

偏差値を実際に挙げていくためには、基礎学力をしっかり持つことが求められます。基礎学力をしっかりつけることができたら、次は、標準レベルの問題を沢山解きます。いきなり難しいトップレベルの問題を解こうと思っても、解くことはできません。順序良く、基礎から標準問題に、だんだんとレベルを上げていき、標準問題が無理なく解ける様になったら、次の段階に進むようにします。

標準問題といっても、中学受験の標準問題ですから、小学生にとって難しいと感じる問題のはずです。ここがスラスラ自分で解ける様なら、応用問題にチャレンジしてみて、応用問題にチャレンジしてみて、まったく解けないと感じたら、また標準問題を解いてみましょう。