勉強方法を見直す

偏差値をあげるためにどのご家庭も必死です。特に小学校高学年になれば、周りもいつも以上に勉強するようになり、いきなり成績を上げるお子さんがでてくると、かなり焦りが出てきます。ここでお子さんに必要なプラス要素は何かをかんがえることも重要です。

偏差値が上がらない、維持できないということなら個別指導塾と集団指導型塾などを併用するご家庭もあります。もちろんダブルスクールということになりますので、保護者の経済的負担は大きくなりますが、小学校高学年、6年生になってから偏差値が維持できない場合、苦手科目があるとか、基礎中で取りこぼしがあるなども考えられます。

同じ塾で取りこぼした部分を再度やり直すということはなかなか難しいことです。特に集団指導型の場合、一人のために取りこぼし部分までさかのぼって授業を行うということは絶対にないので、ダブルスクールも考えておく必要が出てくるのです。

集団指導型塾の中でも、個別指導クラスがあるようならそこを利用しましょう。また家庭教師を利用して苦手科目や基礎学力向上を考えていくのも一つの方法となります。中学受験までの道のりの中で、まったく苦労なく受験勉強ができたというご家庭は少ないです。皆さん切磋琢磨しながら頑張っていますので、偏差値が落ちても諦めずに勉強方法などもう一度考え直してみましょう。