思い切って基礎にさかのぼる

最近の中学受験準備の傾向を見てみると、小学校低学年から始まっているというご家庭も少なくないと感じます。小学校低学年から中学受験を見据えた教育ができるというのは、高学年になってからあわてることなく、レベルの高い受験勉強が可能となるので、今お子さんがまだ小学校低学年というご家庭なら、基礎学習からしっかり考えていくことも考慮してみましょう。

小学校5年生という年代になって基礎学習ができていないことに気が付くこともあります。たとえば今まで順調だった偏差値がガクッと落ちるなど、数値による変化です。中学受験を目指して通う進学塾は、小学校5年生になってから行けばいいという風潮がありました。しかし多くの進学塾では、小学校4年生くらいから塾を利用することが望ましいとしています。なぜなのか、それは、小学校5年生になると塾の学習スピードが速くなるからです。

小学校低学年も中学年も補習塾や個人塾と比較すると、学習スピードが速いです。これが小学校5年生になるとさらにスピードアップし、学習する内容も濃くなっていくので、できれば、小学校4年生で塾の学習スピードに慣れておき、5年生から本格的に受験体制のべきょうをしてほしいということなのです。

小学校4年生から塾に通っているお子さんでも、5年生になっていきなり偏差値を落とすお子さんがいるのですから、その前の時点からしっかり対策を練っておく方が安全です。