基本を身につける

偏差値をあげたいと思うのは、中学受験を目指すお子さんも保護者も同じです。誰しも、中学受験というテストを前に、できる限りいい状態で臨みたいと考えているでしょう。でも偏差値というのは、30から40に上げることは簡単でも、50から60に上げるということがなかなか難しいのです。

偏差値60という高い数値を持っているお子さんと、偏差値がなかなか向上しないお子さんを観察してみると、なるほど、偏差値60を持っているお子さんは勉強の本質、何が必要なのか、どうとらえるのかを理解する基礎力を持っているのだということに気が付きます。

模試においても、問題の意図をしっかりつかみ、今までしてきた勉強の中で、この方法なら解けるのかもしれないと気が付きます。基礎力があるから自分の頭の中で応用することができるのです。

基礎力があると、知らないうちに問題をどう解いていけばいいか判断する判断力、持っている知識の中から解き方を工夫する想像力、最終的に解答まで持っていく思考力を備えることができます。この力は、どの科目にも通用することで、偏差値60という高い数値を持っているお子さんは、これらの力を繰り返し学習や基礎力強化など行い、しっかり身につけているのです。