指導方法を変えるだけで伸びる子もいる

家庭教師や個別指導塾、大手進学塾に補習塾など、塾もいろいろあり、中学受験を目指す多くのお子さんたちが、自分にあった指導方法を模索し勉強を頑張っています。自分にあった指導方法、お子さんにあった指導方法を見つけることはとても重要なことです。

指導方法があっていないお子さんは偏差値も伸びません。もちろん自宅学習を行っていない、基礎学力不足で応用問題に入ってから偏差値がおちたということもありますが、思い切って指導方法を変えてみたことで、いきなり偏差値が高くなったというお子さんも少なくありません。

集団指導型塾に通っていたお子さんの中で、入塾テストはトップクラスだったのに塾で勉強し始めたら成績が落ち始めたというお子さんがいました。このお子さんの保護者は最初から集団型指導が不向きかもしれないと考えていたようで、成績がなかなか伸びないことに気が付き、思い切って個別指導塾に替えてみました。

通常、中学受験に一番合っているのは集団型指導で切磋琢磨しながら競争して成績を伸ばす方法といわれていますので、転塾には勇気が必要だったことでしょう。しかしこれが功を奏し、お子さんはしっかり勉強できるようになり、偏差値も元通り、最終的に志望校に合格となりました。

指導方法を変えるだけで、いきなり偏差値が伸びるお子さんも少なくありません。成績が伸びないお子さんは転塾も考慮してみるといいでしょう。