偏差値トップクラスほど合格が近い

中学受験では多くの子供たちが進学塾を利用し、実力アップのため頑張っています。進学塾では中学受験の指導ノウハウを持った講師が、レベルの高い指導を行っていくため、難関校と呼ばれる学校ほど、指導能力の高い進学塾に行くことが必要とされています。

中学受験は非常に難しく、大人が驚くような問題がばんばん出てきます。特に超難関校では、想像力、思考力、判断力などが求められる抽象的な問題が出るようになってきていますので、進学塾の中でもトップクラスの偏差値を持つお子さん以外、合格できないといわれています。

勿論抽象的な問題ですから、それを模試に反映することが難しく、志望校の出題と模試の出題傾向にかなりの違いが発生し、偏差値の幅が大きく広がるため、超難関校ほど偏差値が当てにならないといわれていることは事実です。ただ、どの学校に行くにしても、偏差値がトップクラスになっていないことには成功率も低くなることは間違いありません。

塾のトップクラスに入り、その中で指導力のある講師に指導を受け、高い学力をつけ偏差値を向上させて、やっと、超難関校を志望校に設定できる学力レベルとなります。上位クラスに在籍し偏差値のトップクラスを維持することが、合格が最も近くなるといわれているのです。