なぜ偏差値が高くないとだめなのか

中学受験では成績の指針として偏差値を用いることが多いです。高校受験でも大学受験でも同じですが、その時に行ったテストの結果を点数だけで判断するのは、平均点が何点なのか、どのような問題が出たのか違いがありますので、本当の学力を知る指針となりません。

偏差値は平均値を50として複雑な統計の計算等を行い、その上で偏差値が50より上なのか下なのかによって学力の判断ができるので、そのお子さんが持っている学力の程度を知ることができるのです。どうして偏差値が高くないと中学受験において問題とされるのかというと、本当の実力が見える数値が、偏差値だからです。

週テストではいい成績を出す、でも月齢テスト、公開テスト、模試など範囲が広くなっていくほどに成績が悪くなる、こういう場合、偏差値も低く基礎学力が身についていないと考えられます。特に模試は、非常に範囲が広いため、中学受験に必要な小学校の基礎学力が身についていて、さらに応用問題にまで利用できるのかどうか、判断されるテストです。

模試の偏差値が低いということは、本当の学力が身についていない証拠となるのです。学力レベルの高低を目に見える数値で表しているのが偏差値ですから、中学受験に合格するためには偏差値が上がっていかないと難しいのです。