低学年から偏差値を考慮して、

小学校低学年から中学受験を目指してお子さんへの教育を熱心に考えてきた保護者の多くは、低学年から自宅での学習をしっかり行い、お子さんにあった進学塾などを選択し、早いうちから行動を起こしています。やり過ぎは良くありませんが、中学受験では基礎学力をどのようにあげていくか、つまり、偏差値、総合力をどのようにつけていくかが大きなポイントとなるため、お子さんの大きな負担とならないように指導方法を選択することは間違っていません。

現に、大手進学塾では中学受験のための準備期間クラスとして、低学年クラスを設けているところが多くなっていますし、個別指導塾でも低学年の指導を積極的に行う塾が少なくありません。お子さんの成績の指針となるのが偏差値ですが、偏差値こそ、基礎学力がどの程度身についているか数値によって判断できる一つの材料です。

小学校高学年になってから偏差値をもっと向上できる指導を考えておけばよかったと後悔するよりも、将来中学受験を目指すかもしれないという時期から、せめて、家庭学習をしっかり行い勉強する時間を家庭の中に設ける行動をとってください。

塾に行く、行かないに関係なく、小学校低学年児は勉強する生活リズムを整えることが、将来偏差値を安定させる要因となるはずです。